古物商許可申請で必要な書類は?

古物商必要書類

古物商許可申請する際には、どのような書類が必要なのでしょうか?
個人で申請する場合と法人で申請する場合で、準備する書類が異なりますので注意しましょう。

必要書類

個人で申請する場合

許可申請書

様式あり

履歴書

最近5年間の略歴を記載した書面

様式あり

住民票の写し

本籍地記載のもの

外国人の方は、外国人登録証明書の写し

身分証明書

禁治産・準禁治産、成年後見の有無、破産の有無を証明するもの

本籍地のある市町村役場で発行

誓約書(個人用)

様式あり

管理者

履歴書

※申請者と同一人物の場合は省略可

住民票の写し

身分証明書

誓約書(管理者用)

様式あり

URLの使用権限の疎明資料

URLの使用許諾に関するプロバイダからの通知書等の写し

「ドメイン検索」、「WHOIS検索」を実施し、検索結果の画面を印刷したもの

法人申請の場合

許可申請書

様式あり

定款

原本証明要

法人の登記事項証明書

履歴書

最近5年間の略歴を記載した書面

様式あり

※役員全員の分が必要

住民票の写し

本籍地記載のもの

外国人の方は、外国人登録証明書の写し

身分証明書

禁治産・準禁治産、成年後見の有無、破産の有無を証明するもの

本籍地のある市町村役場で発行

誓約書(法人役員用)

様式あり
※役員全員の誓約書が必要

管理者

履歴書

※法人役員と同一人物の場合は省略可

住民票の写し

身分証明書

誓約書(管理者用)

様式あり

URLの使用権限の疎明資料

URLの使用許諾に関するプロバイダからの通知書等の写し

「ドメイン検索」、「WHOIS検索」を実施し、検索結果の画面を印刷したもの

※福井県では、「営業所の賃貸借契約書(登記事項証明書)」、「平面図」などは、原則不要です。

※法人の登記事項証明書、住民票、身分証明書を取得する際は手数料がかかります。

法人の登記事項証明書

窓口発行 600円

住民票

1通300円

身分証明書

1通300円

(地域によって異なる場合あり)

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です