施設外就労とは?施設外支援との比較

WORK

施設外就労とは?

利用者と職員がユニットを組んで、企業から請け負った作業を、当該企業内で行うことです。

 

施設外就労の要件

  • 1ユニットあたりの最低定員は1人以上で、施設外就労の総数は利用定員を超えないこと
  • 最低月2回は、施設外就労先または事業所内で訓練目標に対する達成度の評価等を行うこと。
  • 施設外就労を行う利用者数(1ユニットあたり)に対して報酬算定上必要とされる人数の職員を配置すること。
  • 事業所については、報酬算定上必要とされる人数の職員を配置すること。管理者、サービス管理責任者についても配置が必要。
  • 施設外就労の提供が、運営規程に位置づけられていること。
  • 施設外就労を含めた個別支援計画が事前に作成されていること。
  • 緊急時の対応ができること。
  • 施設外就労により就労している者と同数の者を主たる事業所の利用者として、新たに受け入れることが可能であること。
  • 施設外就労先の企業とは、請負作業に関する契約を締結すること。

 

施設外支援の要件

  • 施設外支援の内容が運営規程に位置づけられていること。
  • 施設外支援を含めた個別支援計画が事前に作成されていること。
  • 1週間ごとに個別支援計画書の内容について必要な見直しが行われていること。
  • 施設外支援の提供期間中の利用者の状況について、日報が作成されていること。
  • 施設外支援の提供期間中における緊急時の対応ができること。

 

施設外就労と施設外支援の比較

 

 

施設外就労

施設外支援

支援を実施する職員の要否

必要

不要

本措置による報酬算定対象

本体施設利用者の増員分

施設外支援利用者

本体施設利用定員の増員

不可

施設外でのサービス提供期間

無し

年間180日を限度

加算

あり

なし

 

施設外就労実施後の実績報告

事業所は施設外就労に関する実績を、毎月の請求に合わせて提出しなければなりません。
報告先は、利用者の受給者証発行の市町村です。

 主な提出書類
  • 施設外就労実績報告書
  • 該当する利用者の個別支援計画書の写し
  • 該当する利用者のサービス提供実績記録票の写し

 

※施設外就労の実績報告が不要な市町村もありますので、事前に確認をお願いします。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です