持続化給付金の申請サポート

持続化給付金

 

令和2年5月1日から「持続化給付金」の申請がスタートしております。

手続き自体は難しいものではないのですが、申請方法が電子申請のみなので、インターネット環境がない方は、申請ができず困っていることと思います。

中小企業庁でも全国にサポート会場を設置し、対応を急いでいるようですが、準備に時間がかかっているようです。

ご自身で申請することができない、自分だけでは不安、インターネット環境がなくて困っている、早急に申請したいという方は、お気軽にご相談ください。

持続化給付金とは

感染拡大により、営業自粛等により特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を支え、再起の糧としていただくための事業全般に広く使える給付金。

 

給付額

個人事業者等は100万円まで
法人は200万円まで
※ただし、昨年1年間の売上からの減少分が上限

売上減少分の計算方法

 

給付対象

フリーランスを含む個人事業者
資本金10億円以上の大企業を除く中小法人等(医療法人、農業法人、NPO法人なども含む)

 

申請方法

持続化給付金の申請用ホームページから申請

 

給付要件

  • 2019年以前から事業により事業収入を得ており、今後も事業継続する意思があること
  • 2020年1月以降、新型コロナウィルス感染症拡大の影響等により、前年同月比で事業収入が50%以上減少した月があること

 

 

申請に必要な書類

①2019年(法人は前事業年度)確定申告書類の控え

確定申告書類

②売上減少となった月の売上台帳の写し

売上台帳

 

  経理台帳から抽出した売上データ
  エクセルで作成した売上データ
  手書きの売上帳のコピー など

 

 

③通帳の写し

通帳

 「通帳のオモテ面」と
 「通帳を開いた1・2ページ目」
 電子通帳の場合は、画面のコピー

 

 

 

④本人確認書類の写し(個人事業者の場合)

本人確認書類

 

申請期間

令和2年5月1日から令和3年1月15日まで

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です